WiMAXルーター”HOME L01”を実際に使ってみた-口コミと感想-

WiMAX2+L01ホームルーター以前は、DTIの格安SIMをNECの”Aterm mr04ln”[写真左]に挿入し、ホームルーターとして使用していました。

しかし、速度が平均500Kbps、遅いときは200-300Kbpsまで落ちることもあったため、今回格安SIMではなくWiMAX2+のHOME L01[写真右]を契約することになりました。

やはり気になるのは速度ということで、私が住む大阪における実測値を公開し使ってみての感想と口コミ情報を述べたいと思います。

Sponsored Link
広告レクタングル大

WiMAX2+”HOME L01”を選んだ3つ理由

光回線モバイルルーター

私は今賃貸のマンションに住んでいるので、最初は光回線を契約しようと考えていました。

しかし、リノベーションの工事をした際に配線が中まで通っていなかったため、通常の工事費に加え約2万円追加でかかると言われたため、格安SIMの使い放題プランに興味を持ったのです。

最初は、値段の安さに惹かれ、DTIのネットつかい放題プランを契約しました。

実際に使ってみた感想は、安かろう悪かろうであり速度が遅かったので、他社プランを検討することにしたのです。

そこで一番自分に合ってると思ったのがWiMAX2+です!

次の3つの理由で契約してみることに決めました。

3番目の使用制限が10GBまで拡大されたことが個人的には一番大きかったです。

  1. 高くない月額実質3500円程度
  2. 遅くない20-100Mbps出ているなど評判が悪くない
  3. 速度制限が緩和された→3日で3GBから10GBへ増量

さらに、GMOとくとくBBのHOME L01ルーターが到着後20日以内であれば、契約解除できるというのも魅力でした。

DTIのように遅くて使い物にならないこともありますので。

それでは、気になるのは通信速度の口コミ。
僕が実際に測定したHOME L01ルーターの通信速度を見てみましょう!

WiMAX2+”HOME L01”の通信速度

ネットワーク回線速さ

実は、WiMAX2+の速度については、友人がWiMAX2+のモバイルルーターを持っていたためある程度の予測はついていました。

2017年4月時点では、下りで最大440Mbps出ると宣伝していますが、10Mbps出れば良い方かなと思っていました。

WiMAX2+実質速度測定評判

これは平日の17時の時間帯ですが、下り平均で5Mbps程度出ています。

その他の時間帯も測定してみましたが、大阪では下り5-10Mbpsと安定した速度が計測されています。

WiMAX2+の口コミを調べても、下り20Mbpsや100Mbpsといった報告もあったので、WiMAX2+対応エリアであれば特に通信速度は問題ないと言えるでしょう!

WiMAX2+”HOME L01”を使ってみた感想、評価

これまでに使ったことのある格安SIMがDTIや、Biglobeだったためか個人的には満足度が高いです。

5段階評価でそれぞれ比べてみると、

 DTIネットつかい放題BiglobeSIMWiMAX2+
通信速度★☆☆☆☆★★★☆☆★★★★★
コストパフォーマンス★★★★☆★★★☆☆★★☆☆☆
総合評価★★☆☆☆★★★☆☆★★★★☆

遅いと感じることはないし、動画が止まることもない、隣の部屋でも問題なく使用できます。

デザインも可愛くスタイリッシュでいいですね!

まだ持ち運びはしてませんが、今後レンタカーで旅行に行く際は持ち運んでみてもいいかなと思ってます。


2017年9月追記

実際にWiMAX2+HOMEL01を使用し始めて半年経ちましたので、その感想をレビューしてみます。

まず速度制限については、おそらく一度も引っかかることはありませんでした。おそらくというのは、全く遅くなった実感がなかったためです。

気になるスピードも夜の混雑している時間帯で約8Mbpsと十分でした。

私が契約したGMOとくとくBBのWiMAX2+ HOME L01の詳細はコチラ↓



Sponsored Link
広告レクタングル大
広告レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です