携帯代・インターネット料金が高い方へ格安SIMのすすめ

格安simカード

ご家庭や社内でのインターネット料金どのくらいお支払いでしょうか?

携帯・スマホの通信料が1万円を超えたり、ご家庭のインターネット料金が5000円を超えたりする場合は、ファイナンシャルプランナーの立場から見ると見直しが必要かと思います。

特に小さいお子様に正規の料金を払うのはバカバカしいですよね!

実は、格安SIMが誕生して間もない2011年頃から私は使用し続けています。

通信費の見直しに必須であるこの格安SIMについて選ぶ際のポイントを含めまとめてみました。

Sponsored Link
広告レクタングル大

格安SIMとは?

まずは、格安SIMについてです。

言葉は知ってるけど、格安SIMが何故安いのか理解している方は少ないのではないでしょうか?

私も、実は細かいところまでは知らなかったので、調べてみました!

もともと携帯電話業界はNTTdocomoの独占だった

もともとは、1979年に電電公社[NTTグループの全身]が携帯電話事業を立ち上げ、1988年までは1社独占状態でした。

このころに従来の自動車備え付けのタイプから、ショルダー型へと進化しています。

NTT以外の業者が1988年以降に参入することで、ようやく価格競争が行われるようになりました。

docomoにSoftbankとauが加わり3大キャリアに

1990年代では、J-PHONEやツーカーといったキャリアもありましたね。

通話料無料のウィルコムも斬新なアイディアでした。

その後、社名の変更や合併により、docomo・Softbank・auが3大キャリアと呼ばれるようになりました。

総務省が格安SIM、格安スマホの普及を促す

日本の携帯電話やスマホの料金は、諸外国と比べ高く縛りが多いことが問題視されていました。

先進国でも月1万円以上携帯電話代を支払っている国は、アメリカとドイツくらいです。

また、日本には2年縛りという契約期間の導入や、SIMカードを他社の携帯電話に使用することができませんでした。

そこで、総務省は料金体系の適正化とSIMロック解除、わかりにくい値引き規制などさまざまな指導を行い、格安SIMや格安スマホの普及を促してきたのです。

格安SIMの仕組み

格安SIMも実際に使っているのは、docomoの回線やauの回線と同じです。

よく格安SIMは遅いんじゃない?と言われますが、必ずしもそうではありません。

格安SIMを選ぶうえでの1番のポイントは、通信速度を事前に確認することです!

通信設備にしっかりと投資している格安SIMの会社もありますので、しっかりと使用速度の口コミを調べたうえで使用すればいいでしょう!

私は価格.comやツイッターなどSNSでのリアルな声を参考にしています。

価格.com - 格安SIMカードの評判・利用レポート価格.com – 格安SIMカードの評判・利用レポート

私がスマホで使用しているSIMはトーカイネットワークと呼ばれる通信会社の格安SIMです。

聞いたことないとこでしたが、iPhoneとの相性を考えて2年以上使い続けています。

料金も3GBで1000円を切って格安です。

届いたその時から使えるSIM「モバイル4G/D」|TNC届いたその時から使えるSIM「モバイル4G/D」|TNC

格安SIMをSIMフリー携帯[スマホ]に挿入して使う

格安SIMには、電話が可能な音声通話SIMデータ通信専用SIMの2つのプランがあります。

子供に渡すならデータ通信専用プランでいいでしょう!

ショートメール[SMS] はオプションで付けれるので、LINEをする場合はオプションが必須になります。

会社にてスマホを社員に渡す場合も格安SIMがオススメです(^-^)

仕事中に社用携帯で動画を観ることがほとんどないはずなので、かなりの経費削減効果があるでしょう!

また、私は月3GBのプランで契約してますが、動画を観なければ全く通信速度が遅くなることなく使用できています。

多くの通信会社がデータ通信のみで1000円程度、音声を含めて1500円程度で販売しています。

格安SIMをモバイルルータ―に挿入して使う

自宅でのインターネット料金も場合によっては、格安SIMを使って安くすることができます。

引っ越し時の確認不足によりインターネットの契約ができなかったため、自宅でも格安SIMとモバイルルーターを使用しています。

私が現在使用している格安SIMはBIGLOBEの6GBプラン、モバイルルーターはAterm mr04lnです。

NECプラットフォームズ SIMロックフリー LTE モバイルルーター Aterm MR04LN ( デュアルSIM 対応 / microSIM ) PA-MR04LN

Aterm mr04lnの最新機種としてAterm mr05lnも発売されています。

NECプラットフォームズ 自動SIM切り替え LTE モバイルルーター Aterm MR05LN ( デュアルSIM 対応 / nanoSIM×2 ) PA-MR05LN

そして、最近は、通信量がもう少し欲しいので、最近DTIの使い放題プランへ変更しようか検討しています。

ただ、あまり通信速度については評判が良くないのがひっかかります(´・ω・`)

DTI SIMコンテンツパック

BIGLOBEの6GBプランが約1600円、DTIの使い放題プランが約2300円なので、自宅でのインターネットとして使用する場合でも月2000-4000円ほどの節約になるのではないでしょうか?

2017.4追記

DTIの使い放題プランに変更してみましたが、速度がかなり遅かったため、私はオススメしません。下りの速度は平均500Kbpsくらいだったかと思いますので、これから契約を考えている方は通信速度に注意してください。

Sponsored Link
広告レクタングル大
広告レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です