TGV車中からドルドゥブルターニュでバスに乗り換え

こんにちは、さとです(/・ω・)/

FPや節約とは関係ないかもしれませんが、ひとり旅や新婚旅行の旅行記をブログにまとめています。

全ての旅行記事はコチラ↓

海外旅行記まとめひとり旅新婚旅行海外旅行の旅行記まとめ(フランス、ベルギー、ドイツ、オーストリア、チェコ、ハンガリー、オランダ)

今回は、フランス旅行5日目

モンサンミッシェルへ行くにあたって一番の不安はドルドゥブルターニュでのTGVからバスへの乗り換えでした。

何といっても乗り換え時間が10分しかなかったので。思っていたよりもスムーズに乗り換えできたので、その様子を紹介します。

TGV1等車の車内

TGV車内

1等車の快適さは抜群です。

まぁ人がいないことが前提ですが、乗客はパソコンを使っているビジネスマンがちらほらいるくらい。

きれいでオシャレな感じの車両です。

食堂車があるのでとりあえず立ち寄ってみましたが、やはりそれなりに値段がします。

TGV食堂車メニュー

モノップ

食堂車の値段が高いという情報も事前にテレビで仕入れていたため、モンパルナス駅のモノプリのコンビニ版である、デイリーモノップで朝食を購入済みです(笑)

そう、今日は朝が早すぎたためにホテルの朝食を頂けなかったのです。

約3時間の乗車時間でモンサンミッシェルの予習をしたり、車窓からは牛や馬といった動物が放牧されているのどかな感じも見て取れました。

そういやあまり記憶にないですが、途中検札の方が来られた気がしますので切符は無くさないように。

また、途中トイレにも行きましたが比較的きれいなトイレであったかと思います。

モンサンミッシェルでも苦労しそうだったのでここで用を足しておけばいいでしょう。

ドルドゥブルターニュ駅乗換

さて、今日の一番のポイントのドルドブルターニュでのTGVからバスへの乗り換えです。

終わった今となっては何の心配もいりませんが、ドルドゥブルターニュ駅にほとんど人がいないため駅の構図は頭に入れておいた方がいいかと思います。

結論から言うとホームの階段を降りたあとは “左側の出口(南側)” に出てください。

これだけ押さえておけば問題ありません!!

ドルドゥブルターニュ駅は田舎の駅という感じでホームが2つか3つほどあります。

電車の進行方向(西側)に向かっていくと下りの階段があります。

ここで、私は焦りました。

階段を下りると間もなく突き当り、左右に出口があるんですね。

どっちに行けばいいかわからない。

看板もない。。。

とりあえず右側を進み階段を上って出口を出てみるとバスが止まっています。

「おっ、これかな?」と思いましたが、乗客はおらずモンサンミッシェルの文字もない・・・

ドルドゥブルターニュ駅バス

「なんか違言う気がする。間違ったかな?」と思い、もう一方の出口へ走って移動。

なんせ乗り継ぎ時間は10分しかないもので(笑)

そう、こちらが正解でした。

ありましたよモンサンミッシェル行きのバスが!

ホントにこれ?とも思いましたがチケットを見せて無事乗車。

バスと駅の写真も撮ってみました。

ドルドゥブルターニュ駅

いやぁ、さすがに乗り継ぎ時間が短いのは焦りましたが、何とか乗れてよかった。

やはりマイナーなルートのため乗客の数は多くなく1/3くらいしか席は埋まっていなかったかな?

ちょうど日本人の方が一人だけいらっしゃったのでお話をしながら30分間景色を楽しんでいました。

途中モンサンミッシェルの看板があったり、馬が放牧されていたり、そして何よりこの天気!

モンサンミッシェル看板

途中曇っているところもあったので、心配もしていましたがおかげさまでいい天気。

実はモンサンミッシェル、海の近くということもあってか天気が変わりやすく天気予報でも2日に1度は雨マークが!!

そんなところにいい天気で来れて超ラッキーとテンションが上がっていました。

馬放牧

さて、この路線バスは島の手前にあるバス停に停車。

モンサンミッシェルへ到着です。

これから3時間ちょっとで島へ行き、お昼ご飯を食べ、修道院を巡り、お土産を買ってと大忙し(笑)

とりあえず島に向かうためのバス(ル・パサー)を探します。

次の記事はコチラ↓

モンサンミッシェルバス停からモンサンミッシェルの島へ移動

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください