【注文住宅打ち合わせ】造作収納棚・可動棚の価格は高い!下地のみお願いしDIYで対応

造作収納可動棚DIY

さと

こんにちは、さとです(^^)/

今回は注文住宅の造作収納棚・可動棚の驚き?の価格について解説します。

初めてこのブログを見る方もいるかと思うので、最初に簡単に紹介だけ☆

管理人さとは、大手ハウスメーカーではなく、地場工務店で新築注文住宅を建てることになりました。

ベストではなくベターな家

全ての仕様をグレードアップすれば、もちろん良い家ができますが、それでは予算がいくらあっても足りませんよね。

基本的な考えとして、我が家は“ベストではなくベターな家”を目指しています。

家は暮らしと共に変化するものなので、ベターな家で快適な暮らしができればと思っています。

この考えを前提に、造作収納・可動棚選びでは、1か所を除いて下地処理だけしてもらい、ほとんど自分たちで行うことにしました。

それでも材料費・施工費用共に高かったです。

当初の希望を諦めたその経緯を価格と一緒に紹介し、どのようなイメージの可動棚を作るかブログで紹介できればと思います。

造作収納・可動棚の内訳

今回お世話になった高栄建設さんでは、クローゼットにおいては枕棚とハンガーパイプが1つずつ標準仕様で付いてきました。ニッチはサービスで3か所付けて貰えることになりました。

一方、収納部分(LDKのパントリー、内部収納、洗面所のオープン収納)WTCの収納カーテンレールについては、追加料金が必要とのことだったので、細かい要望をお伝えし、見積もりを出してもらいました。

また、キッチンカウンター下に造作収納階段下のルンバ基地造作テレビ台をお願いしたかったのですが、複雑なものは作れなかったり、強度的にオススメできないと言われ、これらは断念することになりました。

分かりにくいと思うので、工務店にも提出したイメージ画像をそれぞれ挙げておきますね( ̄ー ̄)

クローゼットの枕棚とハンガーパイプ

基本的には標準仕様で付いてくるクローゼットの枕棚とハンガーパイプです。

枕棚とハンガーパイプの高さで迷いました。

女性には少し高めですが、枕棚2000、ハンガーパイプ1900でお願いしました。

ハンガーパイプ枕棚高さ

ハンガーパイプ枕棚高さ

ニッチ

ニッチは、全部で3か所です。

  1. LDKのリモコンニッチが1か所
  2. リビングのニッチが1か所(飾りを置く)
  3. 洗面所のニッチが1か所(ティッシュとタオルを置く)

1-2は柱の大きさを考慮して、最大限に広く取ってもらいました。

リモコンニッチ

リモコンニッチ

3はタオルの大きさを踏まえコチラで高さ・大きさを指定しました。

洗面所ニッチ

洗面所ニッチ

LDKパントリー

パントリーと言っても、ウォークインでなく、よくある収納スペースです。

パントリー可動棚

パントリー

LDK可動棚収納

我が家は、耐震等級2を取るために追加した収納スペースが2か所あります。

そのため、一般的な収納スペースよりも幅が狭く奥行きがあるという何とも使いにくそうな構造(;^ω^)

そこで、通常左右2か所ずつに付ける可動棚レール[ダボレール]を3か所ずつ付けたい旨を相談しました。

可動棚ダボレール

可動棚

こうすると比較的手前から奥までスペースを余すことなく収納できるのではと思ってます。

洗面所オープン収納

洗面所は、A4サイズのボックスが2つ入るようにと設計してもらいました。

下部には洗濯物、真ん中にはタオルや着替え、上部には洗剤やシャンプー類のストックを想定しています。

洗面所可動棚

洗面所可動棚

ワークスペース

当初トイレの予定だったスペースは、収納も兼ねたワークスペースに。

可動棚レール[ダボレール]を3か所ずつ付けることで、デスクと本棚に分けようと思います。

ワークスペース可動棚

ワークスペース可動棚

いかがですか?

いくらイラストを載せたからって、分かりにくいですよね(;^ω^)

また、Web内覧会でお見せしますので、詳しくご覧になりたい方はしばしお待ちくださいませ☆

造作収納・可動棚の見積もり金額は?

ほんと、この造作収納や可動棚の見積もりを甘く考えてまして、数万円程度でやってもらえるんだろうと思ってたんですよね。

営業の方も追加料金が大きく掛かるという話もなかったですし(;^ω^)

それでは、どれくらい高かったのか見積もり結果です!!

・・・

・・・

じゃじゃーん!!

収納・カーテンレール見積もり
内訳 税抜き価格
クローゼット 15,000円
洗面収納(大) 20,000円
洗面収納(小) 10,000円
LDKパントリー 15,000円
LDK収納×2 25,000円
キッチンカウンター棚 21,400円
ワークスペース 15,000円
上記施工費・下地 45,000円
ダブルカーテンレール 21,600円
上記施工費 15,000円
合計 203,000円

税込で223,300円

・・・

・・・

全くの予算外でした(;´・ω・)

見た瞬間にこれは無理ーとなり、本当にすぐに必要なところのみお願いすることにしましたよ!!

その結果、WTCと洗面所部分のみ大工さんにお願いし、その他ややこしいところ含めは自分たちでDIYすることに決めました。(DIYすると少なくとも金額は1/3程度になる計算でした)

それでも施工費や下地費用が高くつき、以下のような見積もりになりました。

収納最終見積もり
内訳 税抜き価格
クローゼット 15,000円
洗面収納(大) 20,000円
施工費・下地 30,000円
合計 65,000円

さと

税込で71,500円とは、かなり手痛い出費です(;´・ω・)

造作収納棚・可動棚の価格は高い!まとめ

造作収納や可動棚についてですが、僕たちの依頼した工務店ではできることが限られており、金額もDIY時の3倍程度かかることが分かりました。

さと

この3倍の価格差を手間賃と取るか、自分で取り揃えてDIYするかは難しいところですね(/・ω・)/

そのため、DIYではなく住宅メーカーや工務店にお願いしようと思っているのであれば、早い段階で予算組みしておくことをオススメします。

実際に大工さんに作って頂いた可動棚と、DIYで作った可動棚・ワークスペースはまたWeb内覧会でお見せできればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください