ケルン駅近くのドイツ料理店Gaffel am domでケルシュとランチ

新婚旅行3日目

今日はほとんど移動日。昼前にドイツのケルンに到着し、夕方にはワインの街リューデスハイムに到着する予定です。

ケルン大聖堂で芸術に触れたあと、ケルンでドイツ料理のランチを頂くことに。ドイツと言えばビールですが、ケルンではケルシュと呼ばれるビールが有名です。ポークナックルと一緒に頂いたので写真と一緒に紹介します。

Sponsored Link
広告レクタングル大

ライン川から見るケルンの街

ケルン大聖堂を抜けてからは、南にあるショッピングストリートのホーエ通りを通り、結構長そうだったので東のライン川方面に向かいました。

ケルン大聖堂前からホーエ通りでは、ドイツブランドを含めたお店が沢山!

ホースシューのブランド「アイグナー」や日本でお馴染み「無印良品」も!

ショッピングはフランクフルトですると決めていたので、今日はウインドウショッピングだけにしました。

ケルン街並

ライン川も歩いてすぐに行けますが、こっちは観光客よりは地元の人が飲んだり芝生で横になったりしているように映りました。

ケルン街並

ジョギング、サイクリングしている人もいてのどかな風景に癒されます。

さて、ライン川沿いまで来たので近くに良いお店がないか探してみるといい感じのお店がトリップアドバイザーに!

Em Krutzcheというお店でオシャレな空間で美味しいドイツ料理を食べれるようですが、月曜日定休と書いてます。ダメ元で向かってみたら人がいたので聞いてみるとやはり今日はダメなので明日来てと言われてしまいました。

なので、元々調べていたケルン駅近くのドイツ料理のお店Gaffel am domに向かいました。

Gaffel am domでドイツ料理とケルシュのランチ

Gaffel am domですが、店内は滅茶苦茶広く、6.4ユーロのビジネスランチというものもあり、地元人向けのメニューから観光客向けのメニューまで幅広かったです。

Gaffel am dom

↑これがビジネスランチです。

頼んでないんですが店員さんが間違えて持ってきたもの、最初はわからず間違って食べちゃいました( ;∀;)

ここで頼んだのがポークナックルとケルシュと呼ばれるケルンのビール。

悩んでいたら店員さんが勧めてくれた料理です。

Gaffel am dom

ポークナックルとは豚のすね肉をローストしたドイツ料理の定番です。

ポテトにザワークラフトが付いてきて、まさしくドイツ料理といった感じです。

2人でちょうどいい大きさ、美味しく頂きました。

観光客にも慣れているようで店員さんのサービスも良かったです。

ケルシュ

ケルシュも1回量が少ないのでグビグビ行けちゃいます、あんまり日本のビールとテイストは変わらないかなと。昼間から3杯くら飲んだかと思います(;^ω^)

さて午後はケルン駅からリューデスハイムへDBの電車で向かいます。

こちらも事前にDBのサイトから予約して行ったので、ほぼ半額で済みました。

座席は予約してませんでしたが、2人でも特に問題なく座れました。

コブレンツで乗り換えた後は、ちらほら車窓から古城が見えます。

前はライン川クルーズ船から古城を見ましたが、電車内からでも少しは楽しめましたよ。

次回はワインの街リューデスハイムの様子をお届けします。

⇒NEXT

リューデスハイムの観光:つぐみ横丁と地元人の愛するワイナリー

Sponsored Link
広告レクタングル大
広告レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください