ドイツバイエルン地方の白ソーセージをミュンヘン駅で頂く

こんにちは、さとです(/・ω・)/

FPや節約とは関係ないかもしれませんが、ヨーロッパ新婚旅行の旅行記をブログにまとめています。

全ての旅行記事はコチラ↓

海外旅行記まとめひとり旅新婚旅行海外旅行の旅行記まとめ(フランス、ベルギー、ドイツ、オーストリア、チェコ、ハンガリー、オランダ)

今回は、ドイツ旅行5日目

ミュンヘンで楽しみにしてたものの一つが白ソーセージ。ボイルしたソーセージを甘いマスタードにつけて食べるご当地グルメ。ミュンヘン駅構内のお店で購入、食べてみました。

ミュンヘン駅の白ソーセージ

今朝は非常に優しく対応してくれたインフォメーションの女性に感謝です。

帰りの電車の時間をもう一度印刷し、あまり時間はないですが朝ごはんを☆

何にしようかな?

ミュンヘン駅内にはたくさんのパン屋さんや軽食を取れるお店が朝早くから開いています。

そんななか見つけたのが、白ソーセージ!

白ソーセージ

これだけはドイツで絶対食べておこうと探し求めていたもののひとつです。

まだ、電車まで15分あるし、(普通なら15分しかないと焦った方がいいかも)急いで購入。

皮を食べないことくらいちゃーんと予習済みです。

ナイフとフォークを使って中の白い部分をクリっとキレイに取れました。

少し甘目のマスタードに付けてパクリ・・・

んー!!んー!!

あまり美味しくない(*´Д`)

むしろ苦手かも、何が苦手かというと、まずはソーセージ。

なんか魚肉ソーセージのような味わいで、子供のころに食べた安い魚肉ソーセージを思い出しました。

さらに甘いマスタードが全く合わない。

これが普通のマスタードなら、まだいけるんですが。

かなりガッカリでした、白ソーセージ。

この旅行1番のハズレですね。

もしかしたらちゃんとしたお店で食べれば違うかもしれませんので、みなさんも期待はせずに1度はチャレンジしてみてくださいね!

現場からは以上です(;^ω^)

このハズレ白ソーセージは5分で片づけて、付け合わせのプレッツェルを手に持ち急いでホームへ向かいます。

次の記事はコチラ↓

ミュンヘン駅ミュンヘン駅からヴィース教会への行き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください