Siriusからwordpressへ移行する方法をまとめてみた

SiriusWordpress移行

ブログやWebサイト運営をするに当たって、これまではSiriusを使うことが多かったのですが、ページ数が増えるにしたがってSiriusではアップロードに時間が掛かったり、カスタマイズするのにプログラミング知識が必要だったりします。

今回、思い切ってSiriusのブログをWordpressへ移行してみましたので、実際に行った手順を忘備録のために残しておきます。

Webについて僕は素人ですので、SEO上、必ずしも正しい方法とは限りません。

バックアップを作成の上、あくまでも参考程度にご覧ください。

Sponsored Link
広告レクタングル大

SiriusからWordpressへ移行した理由

Siriusのメリット・デメリット

Siriusの一番の利点は、簡単にブログやWebサイトが作成できる点です。

また、オフラインでも記事の作成ができるため、パソコンさえあればネット環境がなくても記事を作成することができます。ページの複製機能もとても便利です。

もちろんアップロードはネット環境が必要ですが、記事の作成からサイトの公開までの時間がほとんど掛からないと言っていいでしょう!

しかし、記事を量産するにつれてサイト作成やアップロードに多大な時間がかかるようになるのが私はネックでした。

また、SEO上重要なAMP対応、SNSカスタマイズ、ブログカードなど最近の機能を導入するにはある程度のプログラミング知識が必要となってきます。

WordPressのメリット・デメリット

WordPressはSiriusよりもカスタマイズしなければならない項目が多いため、サイトの作成にやや時間が掛かります。

Siriusのようにオフラインで記事の作成ができないため、カフェなどで記事を作成するにはWi-Fiルーターが必要になるのが少しネックですかね。

しかし、プラグインと呼ばれるWordpressをカスタマイズできるツールが沢山あるため、うまく活用すれば簡単にWebサイトのデザインを変更することができます。

私が便利だなぁと思っているプラグインの一例を挙げますね。

目次生成機能

プラグインを用いることで目次を自動的に作成してくれます。

Wordpress目次

人気ページの紹介[PV順に]

人気の節約ページとありますが、PV数順に人気ページを紹介してくれるプラグインがあります。[上写真右]

ブログカードの作成

WordPressテーマ:Simplicityではデフォルトでブログカードの作成機能がついています。

ブログカード

コメント機能

コメント機能もテーマによってほとんどがデフォルトで付いています。

Wordpressコメント機能

SiriusからWordpressへ移行する手順

SiriusからWordpressへの移行手順を僕が行った方法で紹介していきます。

①Wordpressのインストール

私はロリポップのサーバーを使っているので、ロリポップにあるWordpress簡単インストールを実施しました。

このとき一旦検索エンジンにはインデックスしない設定でインストールします。

ロリポップwordpress簡単インストール

②Wordpressテーマのインストール

テーマ選びは一番重要となりますので、じっくり選んでください。

このブログはSimplicityのテーマを使用しています。

https://wp-simplicity.com/

WordPressの管理画面よりテーマをインストールします。

wordpressテーマインストール

③Wordpressの設定を変更する

Siriusで作成したホームページアドレスとWordpressのパーマリンクが一緒になるように、パーマリンク設定を行います。

パーマリンク設定では、カスタム構造を選び、”/%category%/%postname%.html”と入力します。

パーマリンク設定

これだけでは、Wordpressの特性上新規にカテゴリーページが作成されてしまいますので、”No Category Base”といったプラグインをインストール・有効化します。

No Category Base

④SiriusよりMTエクスポートでテキストファイルを抽出する

Siriusの編集画面→MTエクスポート機能によりテキストファイルを抽出します。

SiriusMTエクスポート

これにより、画像や箇条書き、色などのタグごとタイトルや本文のみをテキスト化することができるのです。

⑤文字コードをUTF-8へ変換する

このままファイルを開くと文字化けしたままなので、文字コードをUTF-8へ書き換えします。

私はサクラエディタを使い変換しました。

⑥Wordpressへインポートする

WordPressには、Siriusでいうカテゴリーページがありませんので、事前にカテゴリーを作成しておきます。

Wordpressカテゴリー作成

先ほどのテキストデータをWordpressにインポートします。

MTインポートwordpress

MTインポートwordpress

このインポートで投稿ページにSiriusのページがすべて移行されました。

WordPressテーマによっては、スラッグが全てpost-0となってしまい。パーマリンク設定がうまくいかない場合もありました。

その際は一旦twenty seventeenなどデフォルトテーマに変更してからインポートすると上手く行きましたので、もし不具合があれば試してみてください。

⑦内部リンク、画像リンクの変換

Siriusでは、内部リンクと画像ページのタグが独自タグを使用しているため、そのままではWordpressでリンクエラーになってしまいます。

そのため、Sirius独自タグを”Search regex”というプラグインを使って変換します。

Search regex

内部リンク

変更前:<% pageDepth %>

変更後:サイトアドレス/

画像リンク

変更前:<% pageDepth %>img

変更後:サイトアドレス/img

内部リンク・画像リンクをまとめて”<% pageDepth %>”を”サイトアドレス/”へ変換しても構いませんが、私は念のため①画像リンクを変換後、②内部リンクの変換を行いました。

Search regex

Replace&Saveによって変換・保存し、内部リンク・画像リンクがエラーになっていないか確認してみてください。

⑧トップページ[固定ページ]、カテゴリーページを作成する

SiriusからのMTインポートでは、投稿ページしかインポートできません。

Siriusのトップページは固定ページで作成します。

Siriusのカテゴリーページで文面を加えたい場合は、”Rich Text Tags, Categories, and Taxonomies”というプラグインを使って編集できます。

Rich Text Tags

⑨FTPソフトよりSiriusで作成したサイトデータを削除

ここまで来たら、Wordpressへの移行までもうすぐです。

FTPソフトを使って、Siriusで作成したサイトデータを削除します。[もちろんバックアップは取っておいてください!]

僕はロリポップサーバーを使用しているので、ロリポップFTPよりフォルダを削除しました。

このとき、imgフォルダのみはそのまま使用するので残しておきます。

⑩サイトアドレスを変更する

⑨まで終えた時点でのサイトはこのようになっています。

  • Siriusのサイト:サイトアドレス→削除
  • WordPressのサイト:サイトアドレス/wp→公開してるが検索エンジン非インデックス

⑨でSiriusのサイトアドレスを削除したので、Wordpressのサイトアドレスを変更します。

設定→一般よりサイトアドレスにある/wpを削除します。

サイトアドレス変更

⑪FTPソフトで.htacess、index.phpのタグを編集する

FTPソフトを使い、wpフォルダと同じ階層に.htacess、index.phpファイルをコピーします。

wp階層

⑩で/wpを削除したことにより、.htacess、index.phpタグを以下のように編集します。

.htacessファイル

htacess変更

  • RewriteBase /wp/ → RewriteBase /
  • RewriteRule . /wp/index.php [L] → RewriteRule . /index.php [L]

index.phpファイル

index変更

  • require( dirname( __FILE__ ) . ‘/wp-blog-header.php’ );
    →require( dirname( __FILE__ ) . ‘/wp/wp-blog-header.php’ );

⑫検索エンジンでの表示を解除する

設定→表示設定により、検索エンジンでの表示についてチェックを外します。

検索エンジンでの表示

以上で、SiriusからWordpressへの移行は完了です。

Web知識ド素人ですので、もしかしたら間違った方法かもしれませんが、自分の忘備録のために残してみました。

次のSiriusサイトをWordpressへ移行する際に、必要に応じて修正していきます。

⑬プラグインRedirectionを使って、404エラーをリダイレクトする

WordPressでは、.htacessファイルに直接書き込まなくても、プラグインでリダイレクトできます。

カテゴリーページのスラッグや.htmlの付け忘れなどで、Google Search Consoleで404エラーページが上がってきました。

プラグインRedirectionを使うことで簡単にページのリダイレクトができるので、404エラーが出た場合は活用しましょう!

Sponsored Link
広告レクタングル大
広告レクタングル大

コメント

  1. 立川の星 より:

    シリウスで50記事くらいあるサイトがあり、WordPressに移行したくて探していたらこの記事を見つけました。
    この記事のとおりにやったら、WordPressに記事を移すことができました。
    本当にありがとうございました。

    • setsuyaku より:

      コメントありがとうございます。
      僕もいろんなサイトを見て自己流で移行しましたが、正直自信がありません(;^ω^)
      ただ大きな不具合は現時点ではないと思ってます。
      また何かありましたら情報共有して頂ければ助かります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください