ドレスデンで老舗バウムクーヘンとケーキを食べてみた

新婚旅行6日目。

ドイツの旅、最後に選んだ街はドレスデン。明日からはチェコなので最後のドイツ料理を満喫することに。ドイツは実はバウムクーヘン発祥の地、しかし意外とバウムクーヘンのお店って少ないんです。そんな中、ドレスデンでバウムクーヘンの老舗を地球の歩き方で見つけたので、どんな味か食べてみました。

Sponsored Link
広告レクタングル大

バウムクーヘンとアイアーシェッケのお店:クロイツカム

次に向かったのはバウムクーヘンの老舗クロイツカム。

ドレスデンバウムクーヘン

クロイツカムがあるのは僕たちが止まってるスターインホテルプレミアムと同じアルトマルクト広場にあるアルトマルクトギャラリーというショッピングモールの中。

なぜバウムクーヘンかというと、実はドイツ発祥のお菓子なんです。

テレビでもやってましたが、1807年にザルツヴェーデルという街で誕生しました。

クロイツカムの店名のところにはドレスデンで1825年からと書かれているまさに老舗。

ここでバウムクーヘンとドレスデンの名物アイアーシェッケというケーキを持ち帰りで購入しました。

ドレスデンバウムクーヘン

お土産にと思ってたバウムクーヘン、一つ1000円以上となかなかの値段してたので自分たちで食べてみて美味しかったら明日また買いにくる予定です。

ドレスデンのスーパーで格安のお土産を購入

このショッピングモールがホテルに近いのもとても便利です。

明日からはチェコ、せっかくなのでスーパーで良いドイツのお土産がないか探してみました。

アルトマルクトギャラリーにあるREWEというスーパー、品ぞろえが良くて驚きました。

値段も高くありません、おそらく他のお店と比べたら格安かと思います。

これまでいくつかドイツのスーパー見てきましたが、ダルマイヤーのコーヒーはもちろん、紅茶も沢山の種類が売っており、ひとつ3.5-4.5ユーロほど。

ドイツお土産

この紅茶も香りがすごく良くて美味しい、特に奥さんが気に入ってましたのでドイツのお土産でオススメです!

他にはグヤーシュなどのスープにドイツのアイスワインも購入しました。

大満足の買い物を終え、一旦荷物を置きにアルトマルクトギャラリーの向かいにあるホテルへ戻ります。

ドレスデンホテル

夜はすっかり暗くなっており、ホテルがキレイにライトアップされていました。

⇒NEXT

ドレスデンの観光情報:エルベ川からライトアップされた夜景

Sponsored Link
広告レクタングル大
広告レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください