プラハのおすすめレストラン:絶品のローストダックとグヤーシュ

新婚旅行7日目。

憧れのチェコプラハについに到着。チェコの料理は3年前に食べたことがあるので日本人に合うことは承知済。今日の夕食はこの旅行一番のおすすめ!ローストダックとグヤーシュをプラハのレストランで頂きました。

スポンサーリンク
広告レクタングル大

プラハでチェコ料理のおすすめレストラン:ローストダックとグヤーシュを頼んでみた

プラハ最初の食事は、いくつか下調べしていたレストランの中で一番近いところにしました。

僕も奥さんも大満足!このお店が新婚旅行の中で一番美味しいお店でした。

プラハローストダックレストラン

Restaurace stoletiというお店でチェコ料理のお店です。

チェコでは珍しくサラダがセルフサービスのお店、口コミを読むとリーズナブルであっさりとしたスープがあるそう。

スープは本日のおすすめの中にあって安かったです、たぶん300円弱だったかと。

チェコと言えば個人的には豚スネ肉のロースト=コレノなんですがこのお店にはないということで、チェコの郷土料理、鴨のグリル(ローストダック)を注文。

奥さんはグヤーシュと呼ばれるドイツやハンガリーでもある牛肉のスープを。

飲み物はチェコはビール大国なので普通のビールと黒ビールを。

プラハローストダックレストラン

お隣ドイツもビールが有名ですが、チェコは一人当たりのビール消費量が世界一の国なんです。多分それは値段が安いからかなと思います。

だってレストランでも安いところだと1杯300mlで150円とか、高くても300円くらいでしょうか。3年前チェスキークルムロフでは500mlのジョッキで200円切ってたことを覚えています。

それくらいビールで有名なチェコなので、残り3日はひたすらビールを飲んでました(;^ω^)

プラハローストダックレストラン

さてさて、お酒の話は置いておいて、スープはマッシュルームのスープだったかな?さっぱりしてて美味しかった。

プラハローストダックレストラン

メインのローストダックは、これが鴨の臭みもなく外がパリパリ中はジューシー、またちょうどいい量で美味しかったんです。

プラハローストダックレストラン

奥さんが頼んでたグヤーシュも、僕の知っているパプリカやトマトをふんだんにつかったものとは違いましたが、タンシチューのような味わいでお肉がかなり濃厚でした。人が少ない通りの割には混んでたので、なかなかの人気店ではないかと思います。

プラハの街歩き:ライトアップされた街並み

プラハ国民劇場

大分時間も遅くなって時間は21時前、近くにきれいな建物があるなと思って向かった先にあったのは国民劇場でした。

プラハ夜景

すっかり真っ暗になりましたが、対岸のプラハ城もキレイですね。

ちょっと遠いですが散策がてらここからホテルパリプラハまで歩いて帰ることに。といっても大体15-20分くらいですかね。

プラハ街並み

途中良さそうなお店もチェックしつつ、火薬塔、隣にある市民会館を通りホテルに到着です。

その前にホテル近くのBILLAによって甘いものやお土産を購入、BILLAで十分なお土産が買えますよ。中でもプラハのばらまき用に使えそうなチョコレート、スーパーでは一つ約500円なので大量に買いました。

チェコお土産 プラハチョコレート 6箱セット 【151772】

日本で買おうとするとamazonでは1箱約1000円くらいみたいですね。

カカオ70%甘ったるくなくて上品な味だったのでオススメのお土産です。

⇒NEXT

プラハのおすすめ5つ星ホテル:ホテルパリプラハの朝食

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
広告レクタングル大
広告レクタングル大

フォローする