プラハでオススメの両替所を探したがキャッシングがお得だった

新婚旅行7日目。

憧れのチェコプラハについに到着。チェコはEUに加盟してますが、ユーロは導入しておらずチェココルナ(czk)といった通貨が使用されます。珍しい通貨であるため、両替レートが良くないことで有名です。

両替で損をしないために、事前に両替所やキャッシングについて調べてから行きましょう!

Sponsored Link
広告レクタングル大

プラハおすすめの両替場所

お隣チェコのプラハまでは電車で2時間半、乗り換えなしで行くことができます。

天気だけが心配でしたが、プラハ駅に着いたときは小雨、ホテルに着くころには雨は上がっていました。

プラハ駅

プラハ駅に着いてまずやらないといけないこと、それは両替です。

チェコはユーロ加盟国ですが、通貨はチェココルナ(czk)です。空港やプラハ駅ではレートが悪く、地球の歩き方やインターネットの情報によると旧市街にある青でEXCHANGEと書いてる両替所が良心的なレートとあったので、そこで両替しようと思ってました。

ただ、手持ちの紙幣ないと不安なので、楽天カードのキャッシングで少しだけプラハ駅で引き出すことにしました。

プラハの両替はクレジットカードのキャッシングがおすすめ

プラハ両替所

この時に日本円でいくらか計算できず誤って10000czk=約5万円分をキャッシングしてしまったため、結局旧市街で両替する必要はなくなってしまいました。

楽天カードのキャッシングは手数料216円だけなので、50742円=51000円でした。僕が行ったときのレートが1czk(チェココルナ)=5.02円だったので、実質の手数料は51000円-5.02×10000=800円程度とリボ払い割安でした。800円も手数料取られてるやん!となるかもしれませんが、50000円の1.5%程度なのでかなり安い方です。

ちなみに関空で日本円をチェココルナに変える際の実際のレ―トは0.16czk=1円だったので、8160czk=51000円となり2000czkほど損してしまいます。

プラハで最も両替レートが良いと言われている青のEXCHANGE両替所では、0.194czk=1円程度なので、10000czk=51550円となります。

また、クレジットカードのレートは1czk=5.16円だったので、やはりキャッシングの方が安かったです。

以上をまとめてみると10000czkを両替するのにかかる日本円は以下の通りでした↓


  1. 日本で両替(関空)
    10000czk62500
  2. プラハで両替(最安値)
    10000czk51550
  3. クレジットカードのレート
    10000czk51600
  4. 楽天カードのキャッシングのレート+手数料
    10000czk51000

まず、日本での両替は必ず損するので止めておきましょう!

また、少額ならプラハでの青のEXCHANGEと書かれた両替所をオススメします。

その他のプラハの両替所は、実際に店頭に書かれているレートとは違うレートで両替させられトラブルになることがあるので止めておきましょう!

おおよそ2万円以上の両替なら楽天カードのキャッシングを利用することをオススメします。



海外のキャッシングって怖いと思う方もいるかもしれませんが、僕はこれまでにハンガリー・香港・チェコと3か国で試しましたが特にトラブルなく使用できてます。

ただし、1回に引き出す額が極端に少ない場合は手数料216円が高くついてしまうので注意が必要かと思います。

プラハは大体のお店でクレジットカードが使えましたが、一部飲食店や観光地の入場料は現金のみというところがあった印象です。

⇒NEXT

プラハのオススメ5つ星ホテル、パリプラハに泊まってみた

Sponsored Link
広告レクタングル大
広告レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA