プラハ市内から空港へのアクセスはプラハエアポートトランスファーがおすすめ | ファイナンシャルプランナーの節約ブログ  

プラハ市内から空港へのアクセスはプラハエアポートトランスファーがおすすめ

プラハエアポートトランスファー

新婚旅行10日目(最終日)。

本日フィンランド航空でヘルシンキを経由して日本に帰国します。

お土産を沢山購入できるようにとスーツケースは2人で3個持って来ていました( ̄ー ̄)

これだけの荷物を運ぶのは大変なので、ホテルからタクシーを使わず、より安いプラハエアポートトランスファーを使ってみました。

今回は現地プラハで事前予約、迎えに来てもらいましたので、その感想を紹介します。

プラハ市内から空港へのアクセス

ザーンセスカンス391バス

プラハ市内からヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港へのアクセスは、地球の歩き方によると市バス電車タクシーがあります。

以前はミニバスと呼ばれるシャトルバスもありましたが、2017年の春で運営を終了したそうです。

市バスや電車だと空港まで時間がかかり、荷物が多いと追加料金もかかる、ということで一番楽なタクシーを使いたいんですが、タクシーはぼったくられるところもあるので注意が必要です。

注意

地球の歩き方にもぼったくりタクシーに注意と書いてありましたので、タクシーを使用する方はご注意ください。

プラハエアポートトランスファー

そこで候補に挙がったのが乗り合いタクシーを運営している”プラハエアポートトランスファー”という会社。

参考 プラハエアポートトランスファー 日本語ページプラハエアポートシャトル

日本語での説明もあってわかりやすい!

シャトルバスや相乗りのバスもありますが、1番人気と書いてあるようにプライベート送迎の安さが売りかと思います。

プラハエアポートトランスファーのプライベート送迎料金

僕が使ったのはホテルから空港までのプライベート送迎です。

料金は590czk=約3,000円でした。

タクシーの相場が700czk、ホテルのフロントでタクシーを呼んでもらう場合が800czkくらいなので少し安いくらいですが、値段が予め決まっているのが個人的には安心かなと思います。

事前に送迎先のホテルを選び、オンラインで決済もできます。

僕は前々日にオンラインで予約し、当日現金を消費したかったので現金で支払いました。

MEMO

事前に予約と支払いができ、追加料金が掛からない点がオススメです!

プラハエアポートトランスファーの所要時間

僕たちが予約した時間は8時30分。

ヘルシンキ行きのフライト時刻が11時35分なので約3時間前にホテルを出発ですね。

僕たちはホテルのロビーで待たせてもらい、少し遅れて8時35分くらいにお姉さんが迎えに来てくれました。

外国なので少々の遅れには目をつむらないといけないでしょう(;^ω^)

ホテルパリプラハ

今日に限って快晴なんです、プラハ。

ホテルに着くなり、ホテルのトイレを借りてて面白いお姉さんでした。

途中少し渋滞もありましたが、空港まで大体30-35分くらいが所要時間といった感じ。

車のランクは一番低いランクにしましたが、十分な広さでしたよ。

プラハエアポートトランスファー

今回プラハエアポートトランスファーを使ってみましたが、特に不便なく使用できました。

タクシーよりも節約したい方には、プラハエアポートトランスファーで空港まで行くことをおすすめしますよ!

⇒NEXT

プラハ国際空港ターミナル2で購入できる免税店とお土産の最新情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください